ブログを趣味にしました!!

旅行、食、無印良品をメインにゆるーく語ります。。。

ブログを趣味にしました!!

旅行、グルメ、無印良品のことをメインにゆるーく書いていきます。

最後の入試。

今週のお題テスト

 

これまで、高校受験や大学受験を経験し、その都度かなり勉強してきたつもりです。

そんな僕が、恐らく人生最後になるであろう入学試験として受けたのは大学院入試でした。

 

ちょうど一年前のことになりますね。

 

今回はそれについてお話ししようと思います。

 

 

大学院入試って??

大学院まで進んだ方は少ないと思うので、少しだけ説明します。

とはいえ、勉強してテストを受けるという点では全く違いがないです。

 

ただ、受験人数や受験科目が大きく異なります。

僕が受けた研究科は受験人数が26人、募集人数が17人でした。

そして受験科目は、TOEICと生物情報の2科目だけです。

さらに、生物情報で出題されるのはEssential細胞生物学という教科書一冊からだけです。

f:id:cyano18:20170701091845j:image

 

後は、大学受験の時にはなかった面接というのが2回あります。

 

こんな感じなので、超過酷だった大学入試と比べると、勉強量はかなり少ないと思います。

現に院試勉強の為のお休みも1ヶ月間しか貰えません。

 

 

どうやって勉強したか

まず、TOEIC。

 

生物情報のテストは1回きりの本番勝負ですが、TOEICの方は何回でも受けれます!

ここで良い点を取れていれば、生物情報のテストの時に安心感があるだろうということで、良い点が欲しかったわけです。

 

ということで、一度受けてみました、、、

 

565点

 

やばい!!

院試受験者の平均が600点台後半らしかったので、だいぶ焦りました。

 

まあ大学入試が終わって以降まともに英語を勉強した覚えがないので仕方ないんですけどね、、、

 

 

ここでしっかり焦りを覚えたので、次の受験の時は1ヶ月前から毎日、リーディングとリスニングの問題をそれぞれ30分ずつ解くようにしました。

予定があって、時間が取れない時は早起きしたり、電車で解いたりしました。

 

執念を見せましたね…笑

 

単語はスキマ時間にDUOという単語帳を利用して覚えました。

f:id:cyano18:20170701092945j:image

 

この単語帳は単語と熟語がごちゃ混ぜに載っており、取り上げられている意味もよく英文で出てくるものばかりなので、

短時間で英単語と熟語を覚えるのにピッタリだと思います!

 

 

そして、テスト1ヶ月前から勉強したおかげで、、、

 

690点!!!

 

100点以上上がりました。

素直に嬉しかったです。

 

院試受験者の平均は取れたので、ここで辞めても良かったのですが、690点が返ってくる前にすでに次のTOEICを申し込んでいました。

TOEICは策略がうまい!笑

 

勉強せずに受けるのも勿体無いし、良い点を取れたら院試でアドバンテージになるなぁということで、根性を見せてさらに1か月勉強し、TOEICに臨みました。

 

その結果、、、

 

760点!!!

 

最初と比べると、200点近く上がりました。

根性で勉強した成果が出てくれて本当に嬉しかったです。

 

 

続いてEssential細胞生物学の勉強。

 

テストはこの一冊だけが範囲なので当然ラクなんですが、

この教科書は、、、

 

700ページ以上あります。

 

厚すぎる笑

 

生物の教科書なので、基本は覚えることばかりなんですが、700ページ覚えるって過酷すぎませんか??

 

僕はまず、勉強する前に方針を立てるのですが、今回は悩みました笑

結果、大学受験の時に使ったことのある方法を使うことにしました。

 

1周目は、教科書全体を読みつつ、2週目も読む必要があるところに線を引き、

2周目は線を引いたところを読みつつ、3週目も読む必要があるところに線を引く。

 

というような勉強方法です。

こうすれば、だんだん1周を読み切る速度が早くなり、効率よく教科書を何週もできる。

と僕は思っています笑

 

この方法で、なんとか教科書の内容を覚えました。

そして、院試には教科書の章末問題に似たような問題が出ることがあるということで、それを解いていったんですが、、、

f:id:cyano18:20170701233607j:image

 

この教科書はこういうパロディみたいな問題も多く、なかなか進みませんでした笑

 

そんなことを言いながらも、教科書は3周、章末問題も一通り目を通すことができました。

 

 

テスト当日

自分なりに頑張って勉強した事もあり、普通の問題はそこそこ解けました。

ただ、、、

 

未知の惑星に行くとして、そこに生命体がいる証拠を探すにはどんな分析機器を持っていけば良いか

 

とかいう意味のわからない問題だけは解けませんでした。

きっと、僕たちの発想力を試そうとしてたんですね…笑

 

 

テスト以外にも、面接というのがあったんですが、そこは普通の人かを確かめるだけの試験という感じだったので余裕でした。

 

 

そんなこんなで試験を終え、

無事に合格できました。

 

フタを開けてみると、募集人数は17人だった割に合格者は21人だったりして、かなりフワッとした感じでした…笑

やはり院試は大学入試とは少し違うみたいですね。

 

 

まとめ

僕の勉強の話を長々と書いてしまってすいません。

もう今後、入学試験を受けなくて良いと思うと、すごく気が楽です。

また機会があれば、大学受験の時に使っていた勉強法とかも書きたいな〜と思います。

 

 

長くなりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。