ブログを趣味にしました!!

旅行、食、無印良品をメインにゆるーく語ります。。。

ブログを趣味にしました!!

旅行、グルメ、無印良品のことをメインにゆるーく書いていきます。

猪名川花火大会を満喫。とても良い場所から花火を見る!!

 

こんにちは〜

今回は先日行われた第69回猪名川花火大会に行ってきた話をします。

 

開催日は2017年8月19日で、花火大会ラッシュも終盤だったので、僕の今年最後の花火大会になったと思います。

f:id:cyano18:20170822185006j:image

 

打ち上げ数は少し少なかったですが、場所取りしたところがよく、とても綺麗な花火が見えました〜

 

 

猪名川花火大会とは

 

猪名川花火大会は大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で実施している花火大会です。

猪名川は両市の境目になっており、そこで花火が打ち上げられます。

f:id:cyano18:20170822190344j:image

 

打ち上げ数は4000発で、びわ湖大花火大会の1万発などと比べると、少し少ない印象でした。

f:id:cyano18:20170822190838j:image

 

とはいえ、約10万人が訪れる人気の花火大会とのことでした。

 

 

場所取りに大成功!

かなり多くの来場者が見込まれるという事で、今回は真剣に場所取りをしました。

打ち上げは19:20からとのことでしたが、その3時間前の16:20には花火大会会場の最寄り駅である阪急池田駅に到着していました。

 

3時間前にもかかわらず、池田駅にはかなりの人がいました。

その時は、

「3時間前では遅かったか、、、」

と思いました。

 

とはいえ、とりあえず全力で場所取りをするしかないという事で、池田駅から河川敷まで行き、その後ずっと猪名川に沿って歩いていきました。

目指していたのは、阪神高速の高架を越えたところです。

f:id:cyano18:20170822210425j:image

 

高架を越えず、途中の河川敷のところで場所を取ってしまうと、花火を見る際に高架が邪魔になると考えたからです。

 

そして、高架のところに到着してみると、、、

 

やはり人気の場所のようで、すでに大部分の場所は取られていましたが、4人分ほどのシートを引けるところはいくつか空いていました!!

ラッキーでした。

 

猪名川沿いを歩いていた感じ、花火大会後の帰宅のことを考えてなのか、駅からあまり離れすぎない河川敷に場所を取っている人も多くおり、いろいろなところに分散していたおかげでお目当ての場所が取れたのかなと思います。

 

 

場所取りが落ち着いたころ、時刻は17:00でした。

ここから2時間近く待たなければなりません。。。

 

しかし、花火大会という事で、多くの屋台が出ており、交代で場所取りをしながら屋台を楽しむことで、あまり暇な時間を過ごすことはありませんでした!

屋台といえば!!というりんご飴を頂くこともできました。

f:id:cyano18:20170822210502j:image 

 

他にも、焼きそばやからあげ、射的などたくさんの種類の屋台が出ていました。

 

時間が経過し、日が傾きかけたころにはかなりの人になっていたので、18:00以降の場所取りは少し厳しいかなという印象を受けました。

f:id:cyano18:20170822210525j:image

 

いざ、花火!!

 

猪名川の花火は、他の花火大会と少し違った印象を受けました。

他の花火大会は、打ち上げ時間になると、断続的に打ちあがると思いますが、、、

 

猪名川ではまず、大音響のスピーカーによる池田市と川西市の市長の挨拶があります笑

正直、騒音であまり聞こえませんでしたが…

 

さらに、花火は三章構成になっており、各章の間には区切りのアナウンスと、次の花火はどういったものをモチーフにしているかなどの説明が入ります。

 

なかなか斬新ではないですか?笑

 

 

そして、花火がはじまる前には、まずカウントダウンが行われます。

そのカウントダウン自体が花火です笑

 

10を表す花火、9を表す花火、8を表す花火、、、

というように順に打ちあがります。

 

写真はうまく取れませんでしたが、かなりはっきりとわかる数字の花火でした。

 

 

花火は、もちろん激しいときもありましたが、他の花火大会に比べると、一発一発を大事にしている印象でした。

これが、打ち上げ数が少ない所以なのでしょう。

f:id:cyano18:20170822210735j:image

f:id:cyano18:20170822210800j:image

 

とはいえ、各章の始めと終わりはかなり激しく、迫力がありました。

なかでも、クライマックスはやはり奇麗でした。

 f:id:cyano18:20170822210931j:image

 

見やすい場所が取れていたおかげで、視界に高架が入ることもなく、全ての花火をくっきりとみることができました。

打ち上げ場所から近かったというのも大きいと思います。

 

 

一発一発の花火で魅せたり、激しく打ち上ったりする花火に大満足でした。

ゆったりときれいなものを見ることができました!

 

 

帰りは、かなり駅から遠いところまで来てしまっていたこともあり、駅までたどり着き、電車に乗るのは大変でした。

駅周辺は超大混雑でした。

 

しかし、さすがは阪急という事で、電車の便も多かったおかげで、花火大会が終わった30分後くらいには電車に乗ることができました。

 

早く帰りたければ、花火大会後の初動が大事だな~と思いました笑

 

 

まとめ

市長のあいさつが入ったりと、少し変わった花火でしたが、とてもきれいでした。

一発一発あげるときと、激しく打ち上げるときのメリハリがありました。

 

きれいに見えたのは、良い場所が取れたのも大きいと思います。

来年以降行かれる方がいれば、3時間前くらいからの場所取りをオススメします。

 

 

今年は打ち上げ数が1万発の長浜・北びわ湖大花火大会にも行きましたので、もし良ければそちらの記事もご覧いただけると幸いです。

www.cyano18.com

 

お読みいただきありがとうございました!